オンラインで簡単
診断してみる

平均2分で診断完了(無料)

働き方改革関連法の罰則リスト
街並みイメージ
中働協手を結ぶイメージ中小企業
社長・管理者

2020年の法律は、時間外労働の管理に関する複数の法律からなる罰則金の重い法律です。

36協定、年720時間、平均80時間、月100時間、月45時間を超える月が年6回、月60時間超の割増し変更、振替休日の割増し賃金 といった、抵触条件を実に複雑化させた法律です。

人的な計算で管理し、罰則対象にならないように終業管理をすることは社労士でも困難という見解です。

働き方改革には罰則が科せられる関連法が12項目あります。

中でも2020年4月の時間外労働の上限規制法は、打刻した就業時間を基に、人的な計算処理や管理では、知らないうちに罰則に抵触する恐れがある、実に複雑な日々の管理環境が必要になります。タイムカードの電子化は、その計算の基となるデータを取得するためのものに過ぎません。罰則に抵触しないように社内の管理システムを、当協会が推進しています。

中働協は、複雑な「働き方改革」
関連法の罰則から中小企業を守る
一般社団法人です!
オンラインで簡単
診断してみる

平均2分で診断完了(無料)

街並みイメージ
中働協手を結ぶイメージ社会保険
労務士

働き方改革関連法は2024年まで発令されます。2019年から5年間のシステムの使用は必須です。

  • 2019年4月 有給休暇の取得義務
  • 2019年4月 勤務間インターバル努力義務
  • 2019年4月 労働時間の把握義務
  • 2020年4月 残業時間の上限規制
  • 2021年4月 同一労働同一賃金の実現
  • 2023年4月 割増し賃金比率引上げ
  • 2024年4月 残業時間の上限規制の猶予措置廃止
中働協は、事業者様、社労士様
に向けて「働き方改革」の罰則
から守る管理サポートにHORENSO
のご提案を推進しています。

新着情報・お知らせ

コメント何をお聞きになりたいですか?